So-net無料ブログ作成

3分で学ぶ大日如来の霊訓1 [研究資料]

スポンサーリンク




霊界通信日:2014年12月14日(日曜日)
般若心経・観音経を唱えたのち、霊気を使って魂の波長を高くします。その後、光明真言(こうみょうしんごん)を数十回唱えたのち、霊界通信を行います。

今日は、2014年12月14日の記録です。

【問】
人の心の悩みはどうすれば消えていくのでしょうか? 良い方法があれば教えて下さい。
(大日如来)
よろしい。心の悩みは本来、自分の心の内側から出てくるものである。

(私)
つまり?
(大日如来)
すなわち、何か大きな社会での変化があったとする。しかし宇宙とは時が流れる限り常に変化しているものなのだ。

その宇宙の動きに対し、どのような対応をするのかは、宇宙が決めるものではなく、お前達の一人、一人の魂が決める事である。すなわち、不幸も幸福も自らの魂の内側から出てきたものなのである。

(私)
なるほど。自分の魂の内側から出てきたものですか?
(大日如来)
その通り、全ては自己の魂が決める事である。その宇宙の変化は変化しているだけであり、それ自体は、お前を不幸にも幸福にもしない。
お前達は自分自身のままで良い。日々、生かされている事に感謝して喜びや幸せを感じた時、生かされている事を実感して生きればいいのである。

(私)
社会の変化で不幸になったと感じる人は、どう考えればよいのでしょうか?
(大日如来)
よろしい。まず認識しなければならないのは、
【自分は本当に不幸な人間かどうか?】
という事である。
木が枯れても、また新しい命が産まれるのと同じ。一度、滅び、新たに進化していく過程にすぎない。その自己認識を持つとよいだろう。

(私)
本当にありがとうございました。



スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。