So-net無料ブログ作成

霊気を実践していて思う事 [研究資料]

スポンサーリンク




皆様、おはようございます。2014年8月22日の記事は【霊気】【ヒーリング】【】についてブログをつづりたいと思います。

私がよくヒーリングや瞑想で行っている霊気(ヒーリング)は大正11年に臼井先生が考えだされた自己精神の修養法【霊気(臼井式)】なのです。よくヒーリングを行っていると目の前に仏様(観音様等)が立っていたり、天使などの気配を感じたりイメージとして見えたりすることが頻繁に起こります。
『うにゅん、にゅ? 統合失調症かな?』
ある日、ヒーリング屋さんに出かけて、一流のヒーラーの施術を受けようとしたのですが、そのヒーラーさんも同じような事を話していました。ヒーラーさん曰く
「私もヒーリング中、よく天使とかが見えるのです」
霊気を行うと、魂の波長が高くなる→自己免疫能力や自然治癒能力の向上→魂の波長が高いため、自分の場合、大日如来様や観音様などがシンボル、マントラの中に見えたり、施術中、前に立っていたり気配を感じる。
尚、現在、ヒーリングを勉強中ですが、【霊気の実践者には神仏の気配を感じる人もいる】と霊気のテキストにも記述があり興味深いところです。ただヒーリングをある程度の実力まで身につけるには2年ぐらいの実践が必要(?)である場合も多く、中々大変です。
「うにゅ、うにゅ」←(何ソレ)

2014.8.22.JPG
いなかで撮影した風景。8月も下旬に入り、間もなく稲の収穫が始まります。農家の皆様はコンバインを用意して稲刈りの準備。いよいよ秋ですね。これから日が短くなり、少しづつ涼しくなってくるのではないでしょうか? 秋が待ち遠しいです。

P.S.瞑想用動画を作り増しました。心を鎮めたい時に、ご試聴下さい




スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。